今回おすすめするのは

編集部員01

ジュウカワ

スパイシーな刺激が体と心に効くっ!高尾生まれのULTRA LUNCHで山頂ランチプレートをつくろう!

今回の カタ ポイント

こんにちは!タカオのカタヲ編集部のジュウカワです。今日はULTRA LUNCHのドミンゴさんと一緒に高尾山山頂に来ました!後編ではULTRA LUNCHのビバークレーションを使って高尾山スパイシーランチプレートづくりに挑戦!疲れた体にスパイスの刺激がよく効きました。

今回編集部と一緒に楽しみカタづくりをしてくれたタカオのオカタは、高尾山の麓でヴィーガンフードの製造・販売を行うULTRA LUNCHのドミンゴさん。

ULTRA LUNCH代表 近田 耕一郎さん(ドミンゴさん) 2013年に「美味しく楽しい問題解決」をモットーに、ヴィーガンフードの製造とケータリングを行うULTRA LUNCHを立ち上げ。現在は高尾のアトリエにて商品開発・製造を行っている。

前回記事では、ドミンゴさんが主催されている高尾山クリーニングクラブの活動を体験しながら1号路ハイクを楽しみました。

ゴミ探しで動き回った上りの道。みんなお腹ぺこぺこ。

山頂の柱で拾ったぜポーズ。

今日の山頂ランチは、ULTRA LUNCHの主力商品「ビバークレーション」と、新商品「マサラベース」を使ったスパイシーなランチプレート!ビバークレーションは4味あるうちのホッター・ザン・カレー味を使います。

ビバークレーション。左から、海苔茶漬け味・トマトキック味・ホッターザンカレー味・ポルチーニクリーム味。マサラベースと、ジュウカワ氏が大好きなコヨーテナッツも!

タカオのオカタ

ドミンゴさん

ランをしたり山を登ったりしてすごく疲れてるとき、スパイスの刺激を入れると気分転換になって心も楽になるからおすすめだよ。

編集部

サカネ

山で過ごす上で食事って大事なんですね。それに、山で料理するとちょっと旅っぽい雰囲気も出て楽しそう!

タカオのオカタ

ドミンゴさん

その通りだね!じゃあまずはビバークレーションから調理しよう。クッカーで煮込んでもいいんだけど、今回はガス節約のためジップロックのコンテナと保温カバーを使います。

ULTRA LUNCHの保温カバーThe PODは、ジップロック スクリューロックコンテナ473mlジャストサイズ。

編集部

ジュウカワ

初ビバークレーションなんですが、めちゃくちゃ軽い上にカッチカチに固いんですね。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

山に持っていってもらうものだから、軽さは重要なんです。これは1個83g。固いのは真空パックしてるからなんだけど、これだけ固いと荷物の芯になるから、そういう意味でも重宝されてるみたい。

編集部

サカネ

なるほど。山の人がつくる製品だからこそのこだわりですね。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

そう言ってもらえると嬉しいね。じゃあまずはクッカーでお湯を沸かして、その間にビバークレーションの袋を開けよう。ほんのちょっと切り口を破って、袋全体を揉んでお米と調味パウダーを混ぜ合わせます。

写真左が開けた方。一気にブワッと膨らみます。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

ここからがとにかく早い!お湯が沸いたらジップロックのコンテナに200ml注ぐ。今回は調理過程も見せたいから使わなかったけど、お湯を注ぐ前にさっき見せたThe POD(保温カバー)をつけておくと、冷めないしコンテナを持てるから便利だよ。

このコンテナは200ml目盛りが書いてあるから使いやすいのだそうです。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

そこへ、ビバークレーションをザザザっと入れる!

タカオのオカタ

ドミンゴさん

入れたらすぐにスプーンで混ぜる。40秒かき混ぜたら出来上がり!

お湯を注いでから40秒という圧倒的な早さ。

編集部

スエマツ

すごい!はやっ!もう完成したんですね!あ〜、スパイスのいい香り…。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

これでも十分おいしいんだけど、今回は一味加えてみようか!というわけでサカネさん、バスケットから例のものを…。

編集部

サカネ

はーい!今日はバスケットにこんなものを入れてきました!

トマト(1個)、プロセスチーズ(1箱)、ひよこ豆の水煮(200g)、パクチー(適量)

タカオのオカタ

ドミンゴさん

今回はトッピングとしてチーズとパクチーを添えます。チーズを入れることでコクが、パクチーを入れることでよりパンチのある仕上がりになる。

編集部

サカネ

ちょっとこういう素材が加わるだけで、きちんと料理した感が出ますよね。そういえばULTRA LUNCHさんの製品はヴィーガン(菜食)フードなのに、動物性のチーズ入れちゃうんですね。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

僕はヴィーガンフードをつくっているけど、肉食を全面的に否定したいわけじゃない。僕自身たまにお肉も食べたりするしね。ただ、今の食肉産業ってちょっと無理が多すぎる気がしてるんだ。毎食必ず畜産品を食卓に並べなくても、穀物や野菜だけで十分においしいものが作れるんじゃないかなと思いながら製品をつくってるよ。

編集部

サカネ

なるほど。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

ヴィーガンフードをつくって色んな人に食べてもらうことで、「あ、こういう食事の仕方もあるんだな。菜食もおいしくていいな。」ってわかってもらえるだけでも価値がある。だから、たまにインスタでビバークレーションにベーコンをだーん!って入れてる投稿も見るけど、それはそれで一つの楽しみ方としてありだなと思ってるよ。

編集部

ジュウカワ

そういうおおらかさがあると、今まで菜食に触れたことのなかった人たちも手に取りやすいですよね。そういえば残ったこのトマトとひよこ豆は何に使うんですか?

タカオのオカタ

ドミンゴさん

これはマサラベースの方に使います!まずは、クッカーにマサラベースとひよこ豆を入れる。あと、水を50cc。

マサラベース 速攻カレーの素。名前が強そう。

編集部

スエマツ

うわっ!すごい。スパイスとガーリックのいい香り…。本格的だぁ。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

そしたらスエマツさん、混ぜといて。マサラベースが焦げ付かないようによろしく!あとはトマトを切って、と。

ワイルドにざくざく切っていきます。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

全部入れて、沸騰してから6分煮込んだら出来上がり!ビバークレーションはとにかく早く簡単調理で食べたい人用。こっちのマサラベースは味にこだわってしっかり食べたい人が選んでくれてるね。家でつくる人も多いみたい。

編集部

ジュウカワ

本格的なカレーだけど、ベースがシンプルだからいろんなアレンジができて楽しそうですね。

マサラベースでつくったひよこ豆のカレーが完成!

タカオのオカタ

ドミンゴさん

このままバケットにつけて食べてもいいけど、ちゃんと盛り付けた方が俄然気分が盛り上がる!カレーとビバークレーションを1プレートに盛って、はい。完成!

ドミンゴさん特製、高尾山スパイシーランチプレートができちゃいました!短時間調理とは思えぬ豊かな香り。それでは早速、いただきます!

編集部

スエマツ

あー。もうめっちゃウマいです。ひよこ豆の方、インドカレー屋さんで出てきそう。

編集部

ジュウカワ

ビバークレーションもおいしいね。ちょっとマッシュポテトっぽいかも。

しみじみと味わうジュウカワ氏

編集部

スエマツ

ビバークレーション、お米で出来てるのにバケットとも合う〜!!マサラベースも合う〜!!このオープンサンド出してるカフェあったら通うなぁ。

何度もおかわりしました。

編集部

サカネ

そういえばすっかり忘れてたんですけど、これ、植物性のものしか入ってないんですよね?ビバークレーションの方はトッピングのチーズと一緒に食べてないのにチーズっぽいものが入っていたような…。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

それはたぶん高野豆腐だね。

編集部

スエマツ

これ、豆腐なんだ!!!なんか勝手にヴィーガンフードって肉使わないから味わいが薄いってイメージを持ってたけど、全然そんなことないですね。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

そうやって、今までヴィーガンフードにあまり触れてこなかった人がそのおいしさを知ってくれるのが一番嬉しいなぁ。

編集部

ジュウカワ

ドミンゴさんはULTRA LUNCHの製品を通じて、いろんな人に新しい選択肢を提供してるんですね。

タカオのオカタ

ドミンゴさん

そうなのかも知れないですね。ヴィーガンっていう側面だけじゃなく、例えば山好きな人たちが「いつもはカップ麺で済ませちゃうけど、こうやってしっかり調理するのも楽しいね」。って選択肢を拡げてくれることも同じように嬉しい。

調理時間自体はすごく短いし、工程もすごく簡単。全然手間はかかってないんですが、「なんか今日はちょっと山の上で特別なことしちゃったな♪」という気持ちになれました。いつもの山登りにぜひ加えてほしい楽しみカタです。

編集部

サカネ

ビバークレーションにマサラベースなど、高尾山の麓でおいしいものをたくさん開発してるドミンゴさんですが、これから高尾でやってみたい楽しみカタってありますか?

タカオのオカタ

ドミンゴさん

楽しみカタって言えるかわからないけど、高尾に自社工場持ちたいですねぇ。今は試作を高尾でやって、生産は別の場所でやってるんだけど、高尾で企画〜試作〜生産〜販売までできたら柔軟性が上がって、もっとチャレンジングな製品ができそうな気がする。

編集部

スエマツ

自社工場いいですね。新しくて楽しい提案がどんどん生まれる、実験場みたいな工場になりそう!

高尾に自社工場!つくってほしい!

いつもの行動に、ちょっとひと手間加えてみる。いつもとは違う選択をしてみる。小難しいことをしなくても、楽しみカタって拡げていけるんだなと感じたオカタさん取材でした。ドミンゴさん、高尾山スパイシーランチすごくおいしかったです!自社工場できたら編集部3人が手伝いにいきます!ありがとうございました。

ちなみに、ULTRA LUNCHの商品はタカオネ1階のSTOREでも販売中!ぜひお立ち寄りください♪今すぐ買いたい方は、ULTRA LUNCHのECサイトをチェック!

こんなことがあった!!編集後記

ジュウカワ

「トレラン」とか「ビーガン」ってストイックなイメージがあったけど、ドミンゴさんにいろんな楽しみ方・スタンスを
教えてもらえて、すごく身近に感じることができました!コヨーテナッツは世界で一番ビールに合うので一生食べ続けます!

本日のタカオのオカタ

ULTRA LUNCH
ドミンゴさん

2013年に「美味しく楽しい問題解決」をモットーに、ヴィーガンフードの製造とケータリングを行うULTRA LUNCHを立ち上げ。現在は高尾のアトリエにて商品開発・製造を行っている。

この記事をシェアする

ホテル

高尾山口駅から
徒歩1
タカオネ

便

あなただけが知っている
とっておきの高尾の過ごし方カタ
会ってほしい方カタ
やって欲しい遊び方カタ を、

#タカオのカタヲとタグを付けて、
つぶやいてください!

情報をお待ちしてます!

#タカオのカタヲ 付けてお便りをツイトする